Music Inc.

Biography

Creative Consultant / Music Producer
Director of Music Inc.

Suguru Minamide / 南出 卓

神戸に生まれる。13歳で渡英、英国王立ウェールズ音楽演劇大学ピアノ科を卒業。在学中よりコンサートの企画出演や室内楽グループのプロデュース、舞台音楽の作曲などでイギリス国内をはじめヨーロッパ各地で公演を開催。2005年に拠点をアジアに移しインド交響楽団の設立や西カザフスタンフィルハーモニー管弦楽団の運営、日本国内の国際音楽祭やコンクール、公演の企画制作運営を行う。そのほか英国王立ウェールズ音楽演劇大学のマーケティング部の首席顧問、英国王立ノーザン音楽院日本・韓国代表等、音楽教育機関でも幅広く活躍してきた。

2007年に女子弦楽四重奏団Bloom Quartetを結成。2年後女子弦楽アンサンブルBloom Quartet & Ensembleのプロデューサー兼芸術監督に就任。2011年東日本大震災をうけ『東北こどオーケストラ』を企画、福島県郡山市に『東北こどもオーケストラin郡山』をパソナグループと同年9月に結成し音楽監督に就任。その後各地で結成された数々の復興オーケストラの先駆けとなる。2015年に神戸でEpicus Flute Duo & Ensemble、神戸フルートソサエティを発足。2016年より神戸市立小磯記念美術館マンスリーコンサートの総合プロデュースとナビゲーターとして出演を始める。神戸国際フルート音楽祭(2017)ではプロデュースしているEpicus Flute Duo & Ensembleが音楽祭広報アンバサダーに就任。同年よりこうべ文化まちのコンサート、神戸旧居留地Premium Classical Concertの総合プロデュースを始める。2018年にMuse Trinityを発足。同年発足した神戸・旧居留地はいからプロジェクトでは数々の路上クラシックライブを手掛ける。2019年クロスメディアフェスティバル078では、南出卓&Classic Ensembleを率いてテクノとクラシックのコラボレーションを行う。同年神戸におけるラグビーワールドカップ日本大会の試合開催期間に、神戸旧居留地で開催された《BEyond KOBE in 旧居留地~神戸が誇る日本と西洋の伝統文化、そして芸術が集結~》では企画制作・運営を担当、4日間で40を超すパフォーマンスや体験イベントを手掛ける。

2020年の新型コロナウイルス感染症拡大を受け、多くのコンサートやイベントが中止になるなか、いち早くコンサートのONLINE化を行い、神戸市立小磯記念美術館マンスリーコンサートを2020年4月から完全ONLINE化、現在無観客動画配信として月1回配信し国内外の視聴者を得ている。

コンサートやイベントのコンセプト立案から企画制作と運営、演奏&演出指導、アーティスティックディレクション、映像の収録・録音・編集・インターネット動画LIVE配信、ウェブ制作やチラシデザイン等、全てをこなすマルチメディアクリエーターとして、東京と神戸で年間40以上のイベントやコンサートの企画&出演を行っている。

問合せ:music@ascor.jp